Touko.jp

エッセイ

ハクちゃん永眠

令和初日のハク

令和初日の午前のグリーティングに登場したハク

サンシャイン水族館にいたコツメカワウソのハクが2月11日に永眠しました。7歳…まだまだ元気に過ごせる年齢だったのですが…突然のお別れを知りしんみりしています。

色んなカワウソに会って来て、どの子も可愛いんだけど、その中でもハクを特に好きだったんです。

会う度に様々な表情を見せるハク。
「お嬢様」だけど、お仕事はしっかりこなすハク(時々ジージー鳴きながら頑張っていた)。
可愛いんだけど、時々オヤジのようなハク。
おもちゃを無くして動揺するハク。
「ハクちゃん顔が見えませんよ〜」と飼育員さんに言われ、顔を隠したまま「ピッ」と返事だけするハク。
ギリギリを攻めるハク。
ジャグリングが上手なハク。

その時々のハクが写真や動画で残されています。

小枝を握りしめるハク

小枝を握りしめるハク。お口を開けたお顔と元気いっぱいな表情です。

小枝かみかみのハク

その小枝を口の中でかみかみ。小枝を横に入れて大丈夫なのか…。歯は頑丈そうです。

ジーノと戯れるハク

弟のジーノと戯れるハク(右側)。この後、ジーノと組んず解れつの相撲をしていました。

他にも写真は山ほどあります。
もうハクちゃんには会えないんだなぁ…。ハクちゃん、天国で楽しく過ごせますように。

マスクと花粉と新型肺炎

マスクを着けた女性

新型インフルエンザが流行った2009年に描いた絵に加筆

バレンタインデーが近付くと共にやって来るのがスギ花粉。それからしばらくの間、苦しむことになります。
私は花粉の量が大量でなければ、何とかマスクを着ければ耐えられるのですが、今年はそのマスクがありません。今はどこにも売っていないのです。

1月20日過ぎ頃からマスクが無くなり始め、その時に夫の仕事用マスクは確保しましたが、私のマスクは確保しませんでした。3年くらい前からスポンジのマスクを使用しており、洗って使えばしのげるかなと思ったのです。

しかし、ここまでマスクが無くなると不安があります。何しろ日本に出回っているマスクの70%は中国で作られているのです。本日政府は、来週には1億枚のマスクが売られるようになると言っていたようですが、本当に欲しい人の手に届くのでしょうか。

私も花粉が多い時は、外で着けたマスクを仕事中にも着けると、マスクに付いた花粉で症状が出るので、例年はマスクを使い分けています。症状が出てしまうと仕事になりませんので…。
今年は耳鼻科へ行こうかなぁ。

新型肺炎がこれ以上広まらないよう願っています。

散歩写真と雑感

冬の花

最近撮影した冬の花

久しぶりに近所の公園で写真撮影をしました。真冬のためか花は少なかったです。あと半月もすれば梅が咲いていると思います。
以前は週1で写真撮影に行っていたので、様々な春の花が咲き始めるのをその都度見られ楽しかったです。近年はそこまで行っていないです…ノルディックウォーキングの方がメインになってしまっているので。

昨年の12月の土日は大掃除をしていました。台所から恐ろしい物が出て来ましたが、それも処分し、綺麗で使いやすくなりました。1月は現状維持に努めていましたが、2月からはまた掃除と断捨離を始める予定です。

先ずは自分の読んでいない本や雑誌を処分しようと考えています。一昨年くらいから殆ど触っていない書棚があります。触っていない物=ほぼ使用しない物なので処分します。

プロフィール欄の出展欄に出展予定を載せました。詳細は後日掲載します。出展する作品は現在描いているところです。

断捨離と絵の関係

手編みのスヌード

最近編んだスヌード(一部分)

昨年から断捨離を始めています。断捨離についてはいくつか書きたいことがあるので、後日また書こうと思っています。

今回は断捨離と絵について。
今まで好きなように絵を描いて来ました。デジタルで好きなように描くのは良いのです。多少ハードディスクの容量は使うかもしれませんが、質量としてそんなに場所を取らないからです。

しかしアナログの画材で描くと、絵を保管する場所が必要になります。大きなサイズの絵になると、保管するスペースを確保するのも大変です。

それで今回断捨離するのにあたり、色々と考えました。
今後アナログの画材で描く場合は、売れるよう高クオリティなものにしようと思います。今までもそれには心を配って来たつもりですが、それ以上に心を配ります。モチーフについても考慮する必要があります。

例えば、絵は商品、絵を保管する場所(自宅ですが…)を倉庫として考えた場合、いつまでも売れない絵は長期在庫品となります。デッドストック(不良在庫)です。
通常会社などでデッドストックの対処としては、安く販売したり捨てることになります。

「心を込めて描いた絵をそんな風に考えるのか!?」と言われそうですが、何だかんだ言ってもそうなるのです。置く場所が無いのだから。
今まで描いたアナログ画はどうしようかなぁ。再度売る機会を作るのも費用が発生するので、いずれは処分するしかないかな。デジタルで保存はしてあるのでまあ、いいかなと。

2020年サイトリニューアル

2020年年賀状画像

2020年子年年賀状画像(カピバラはネズミです)

2020年になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始休暇は、以前から「やらなければ…」と思いつつやっていなかったサイトのリニューアルをやっていました。今回もWordPressのようなブログシステムを導入する予定でいたのですが、よくよく考えたら作るページは数ページのみなので、ブログシステムは導入せず、HMTL直打ちで作りました。

2000年〜2003年頃まではHTML直打ちでサイトを作っていたので、その頃を思い出し新鮮な感じです。タグを打つのは面倒とは感じません。エッセイを入力する時はp位しか使いませんし、他はコピペで出来ますし…。

数ヶ月前から「長い文章をWebで公開したい」と考えていました。SNSを使うようになってから長い文章で自分の考えを公開することが少なくなりました。それを良しとしていた頃もあったのですが、短い文章では読む方に誤解を与えることも何度かありました。そのうちに短い文章ですらSNSに投稿しなくなってしまった訳ですが…。

下の記事を書いていて、昔自分のサイトで日記を公開していた時のことを思い出しました。入力して読み返して、所々訂正してまた読み返して。今の私にはじっくりと文章を書くことが必要かなと改めて感じたのでした。

今年からは原点回帰、サイト公開を始めた頃に還って新たな気持ちで更新をして行こうと思います。エッセイの公開は不定期になります。更新のお知らせもしない予定なので、気が向いた時に読んでいただければと思います。

ちなみに以前作成したサイトは(Touko.jpとギャラリーページ)は全て削除しました。今後新作の絵はKOKORO NO MEIROのみで公開いたします。

SNSの使用を最小限にする理由

SNS使用イメージ

KOKORO NO MEIROより

2008年…iPhoneを使うようになってからSNSも使うようになりました。SNSでは多くの方と繋がり、出会いました。沢山会話もし、心を動かされた時も何度もありましたし、楽しい時間を過ごせました。

しかし私は、今後SNSの使用を最小限にしようと考えています。理由は、SNSが私が使いたいツールではなくなってしまったからです。SNSに登録した情報が漏れたり、ビッグデータとして企業などがSNSの投稿内容を使うようになったからです。

SNSの投稿内容を投稿者の人物判断に使用しているようです(求人の際に調べるそうで、隠していても実名を調べられるらしい)。

そんな訳で、SNSをあまり使いたくなくなってしまいました。Facebookは個人情報漏れがあったので、今後はFacebookページのみ、新しい作品の公開やお知らせがある時のみ更新します。
インスタグラムもFacebookの傘下なのであまり使いたくないところですが、Facebookページよりは使いやすいので、Facebookよりは更新すると思います。

「信用出来ないのなら使わなければいいのではないか」と言われそうですが、Facebookやインスタグラムでしか繋がっていない方がおり、その方々との繋がりを絶たないために細いギリギリの糸で繋がっておきます。

代わりにどこで公開しようかと何ヶ月か考えていましたが、結局ここ…Touko.jpで公開することにしました。
Touko.jpならどのSNSを使っている方でもインターネットに繋がっていれば見られますし、何だかんだ言っても、結局自分のサイト上で公開するのが一番やり易いのです。公開制限もなく自由に出来ますので。

ブログシステムは導入しなかったので、個々の記事にコメントは出来ません。ご了承ください。
コメント欄があるのは気軽で便利ですが、記事を書く人とコメントを投稿する人は平等ではありません。記事を書く人(管理者)は自分の場所を守る必要があります。守るために心に思っていることとは逆の内容を返信することもあるでしょう。笑いたくないのに笑った絵文字を使ったり…炎上しないよう心を配らなくてはいけません。

正直な気持ち、その心を配ることに疲れました。しまいにはコメントされないような記事を書いていました。何のために記事を書いていたのか…自分が本来書きたい内容から、かなり外れてしまっていたのです。本末転倒です。

私はより多くの人に自分の文章を読んでもらうよりも、ごく僅かの私と共感出来る心を持った方にひっそり読んでもらえればいいかなと思っています。私にとって、より多くの人に読んでもらうこと=より多く心を配り疲れることなのです。ここもSNSでお知らせはせず、こっそり始めます。静かに読んでくださる方がいたとしたら、とてもありがたいです。