上へ

上へ

F100 / キャンバス / アクリル | 2012年9月17日

ひたすら上を目指して登る女性。
しかし目指す道程は厳しい。万一辿り着いたとしても、希望や夢が叶う確率は非常に少ない。
それを知りつつも登るのは、この壁を作ったのが女性自身であることを知ったからだ。